top of page

Works

​学術論文(査読あり)

  1. Otsubo, K., Masuda, Y., & Yamaguchi, H. (2023) “Watching eyes” do not strengthen the behavioral intention of donating blood. Letters on Evolutionary Behavioral Science. 14(1), 26-31. [link]

  2. Otsubo, K., & Yamaguchi, H. (2023) No significant effect of mortality salience on unconscious ethnic bias among the Japanese. BMC Research Notes16:91. [link]

​学術論文(査読なし

  1. 大坪 快・山口 裕幸(2023). 文化的世界観への脅威は外集団攻撃を強めるか:恐怖管理理論から導出される2仮説の検証 九州大学心理学研究, 24 [link]

プレプリン

  1. Kuge, H.*, Otsubo, K.*, Hattori, K., Urakawa, M., & Yamada, Y. (2022). Attraction depending on the level of abstraction of the character descriptions. PsyArXiv. *co-first authors [link]

​学会発表

(国際学会)

  1. Otsubo, K., Nawata, K., & Yamaguchi, H. (2023) What causes conformist out-group aggression?: No effect of the in-group audience and the moderating effect of rejection avoidance needs. The Society for Personality and Social Psychology 2023 Annual Convention. Atlanta, GA, USA.

  2. Otsubo, K., Yamaguchi, H. (2023) Does mortality salience intensify unconscious ethnic bias among the Japanese?. The 15th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology. Hong Kong, China. (Presented online)

(国内学会)

  1. 大坪 快・雪 杏水・山口 裕幸(2021).  実在集団における内集団ひいきの生起メカニズムに関する検討 日本グループ・ダイナミックス学会第67回大会(オンライン)

  2. 大坪 快・山口 裕幸(2022). 文化的世界観への脅威が外集団攻撃行動に及ぼす影響 ―恐怖管理理論に基づく実験研究― 日本社会心理学会第63回大会(京都橘大学) 

  3. 大坪 快・山口 裕幸(2022). 外集団攻撃行動の表出が行為者の内集団成員からの評判に及ぼす影響の検討(研究計画) 第15回日本人間行動進化学会大会(北海道大学)

  4. 大坪 快・山口 裕幸(2023). 外集団攻撃者の評判:外集団攻撃を表出する個人の評判に影響を及ぼす
    状況要因の検討 第16回日本人間行動進化学会大会(大阪公立大学)

その他

  1. 私の卒論ができるまで:大坪快(九州大学教育学部・2022年卒)九州大学附属図書館 Cute.Guides [link]

  2. オンラインで心理学研究:jsPsychを使ってみよう 九州大学附属図書館 Cute.guides [link]

bottom of page